チェルシーリナの車はJEEP!ビッグサイズで怖くないのか

jeep

ファッションモデルのチェルシーリナさん。とてもかわいらしい外見とは裏腹にプライベートではとても大きな車に乗っているそうです。

車に詳しくない方でも「JEEP(ジープ)」と言えばわかるのではないでしょうか。

ビッグサイズのものだそうなんですが、女性で大きな車を運転することに抵抗はなかったのでしょうか。

そもそもなぜジープを選んだのでしょうか。ちょっと意外だったので調べてみました。

<スポンサーリンク>

チェルシーリナの愛車はJEEP

チェルシーリナさんは1992年10月12日生まれで現在25歳。お父さんがニューメキシコ州の出身のアメリカ人でお母さんが日本人のハーフです。

TBSの「7つの海を楽しもう!世界さまぁ〜リゾート」という番組にも出演していますからおなじみですね!

そんなチェルシーリナさんですが、乗っている愛車はジープ!正確に言うと「Jeep® Wrangler Unlimited Sahara(ラングラー アンリミテッド サハラ)」というものです。

画像➡チェルシーリナさんの愛車1

画像➡チェルシーリナさんの愛車2

チェルシーリナさんはこの車を2015年に購入したそうです。23歳でジープのオーナーとはカッコいいですね。

画像を見ると分かるようにかなり大きい車です。しかも彼女にとっては初めてのマイカーだそうです。

女性にとっては運転するのに抵抗があるようにも思えますが購入し運転するにあたって怖くはなかったのでしょうか。

そもそもなんでこんなに大きいジープにしようと思ったのでしょうか。

 

実際に乗る前はチェルシーリナさんも曲がれるかなとか狭い道は大丈夫かな、都内だと不便かななど不安要素があったそうです。

ジープにした理由は「カッコいいから」。

初めて自分で購入する車だからどうせならカッコいい車に乗りたい、じゃあカッコいい車って何だろうと考えたら「女の子がゴツゴツしたジープに乗ってたらカッコいい」と思ったそうです。

それに加え、前述の通りお父さんがアメリカ人なのでアメ車にしたかったというのもあるとか。

かわいくて華奢な女の子がゴツゴツしたジープの運転席から降りてきたら、ギャップがあって確かにカッコいいです!(惚れちゃうかも^^;)

どうしても実用性重視で選んでしまうことも多いと思いますが、チェルシーリナさんは「今自分が一番ワクワクする車は何か?」という視点で選んだんですね!

で、実際に乗ってみたら怖いとか全然なくて思っていたような困ったことも怒らないとか。”案ずるより産むがやすし”といったところでしょうか。(違うか)

大きい車を運転していることで「これならどんな車でも運転できるぞ!」という自信にもつながり、また道路で同じ型のジープとすれ違ってもカッコいいな!と純粋に思えるので大満足だそうです。

ジープというお気に入りの車を手に入れたことで行動範囲も広がり、ジープに似合うファッションも積極的に取り入れているんだそうです。さすがモデルさんですね!

チェルシーリナさんにとってジープは「彼氏」のような存在だとか。甘えさせてくれるわけではないけど、”彼氏はいつもシャキッと構えている”ので自分もそれに負けないよう頑張らねば!と励まされているとか。

ジープに振り回されるのではなく、ちゃんとジープをカッコよくなりこなせる存在であるよう努力しておられるそうです。

そうなると、ホンモノの”彼氏”に求めるハードルもかなり高そうですね!

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

ジープの価格は?

チェルシーリナさんの正確な型は分かりませんが、ラングラー アンリミテッド サハラの本体価格は4,672,000円だそうです。これに加え、登録費用やオプション品などもろもろ合わせると500万円超えることは覚悟しなくてはいけませんね!

チェルシーリナさんくらい若くしてジープのオーナーになると「お金持ちなんだね!」とか言われるそうです。

チェルシーリナさん自身が仰るには、決して金銭的に余裕があって購入した訳ではないとのこと。

お金の問題ではなく、心から気に入った車だからこそ頑張ろうという気持ちにもなれるし、実際お気に入りの車を通して行動範囲が広がったり新たな交友関係も出来たりして人生がさらに充実するようになったそうです。

お金の心配をするよりも、今自分がワクワクすることにお金を使った方がはるかにお得なんですね!

まとめ

車が人にこれほどまでに影響を与えるとは驚きです。ゆくゆくはお父さんの故郷であるニューメキシコでも愛車を走らせたいという夢があるとか。

自分に夢とパワーを与えてくれるアイテムがあるので生き生きとしているんでしょうね!

ジープに限らず、自分を後押ししてくれそうなお気に入りの一台を見つけたいですね。

まずは今度のお休みにでも試乗ができるかどうか、ディーラーのサイトを覗いたり電話で確認してみてはいかがでしょうか。

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す