古江台小学校の校長や担任の名前は?いじめ事件の加害者はサイコパスなのか

古江台小学校の校長や担任の名前は?いじめ事件の加害者はサイコパスなのか。

大阪府吹田市の小学校で、長いこといじめがあったにもかかわらず学校側が放置していたという事件がありました。

「古江台小学校」という学校であることが判明していますが、この学校の校長先生や事件のあったクラスの担任の先生の名前は分かっているのでしょうか。

また、数人の児童がいじめに関係していたようですが、加害者の児童は「サイコパス」と言えるのでしょうか。

調べてみましょう。

古江台小学校について

まずは事件の舞台となった古江台小学校について。

  • 所在地:大阪府吹田市古江台5丁目6-1
  • 全校生徒数:506名
  • 創立:昭和39年(1964)


古江台小学校の公式サイトを見ると、教育方針について、

一人ひとりを大切にし、調和のとれた人間形成をめざす

◎いのちを大切にする子
◎よく見、よく聞き、よく考える子
◎すすんで行動する子
◎最後までがんばる子
◎みんなと仲よくする子の育成
(古江台小学校公式サイトより引用)

と書かれていました。

今回のいじめに関して言えば、

  • 命を大切にする子
  • みんなと仲良くする子

という項目が関係してきますね。

古江台小学校の校長と担任の名前は?

では、いじめ事件のあった古江台小学校の校長先生と担任の先生の名前は分かっているのでしょうか。

まずは校長先生から。

古江台小学校の公式サイトを見ると、「今枝かおり」先生と書かれていました。

古江台小学校公式サイト

「全国公立学校人事異動名簿」を見ると、今枝かおり校長は2017年4月1日付で古江台小学校に「新任」として異動になった事が分かります。

全国公立学校人事異動名簿

古江台小学校でいじめが起こったのは2015年秋から2017年春にかけて。つまり今枝かおり校長になる以前だったということです。

では前任の校長先生はというと先ほどの「全国公立学校人事異動名簿」を見ると、赤繁信和先生であることが分かります。

2017年4月以降赤繁信和校長は同じ吹田市にある「山田第一小学校」に転任となっています。

結論から言えば、この校長先生の時期に被害者の児童はいじめに遭っていたということです。

担任の先生の名前は?

校長先生の名前に関しては明白ですが、担任の先生の名前に関しては古江台小学校の公式サイトや他のサイトを見ても書かれていませんでした。

被害者である児童が校内アンケートで「けられた、なぐられた、おされた」と訴えていたにもかかわらず事態を軽視し、何ら改善しようとはしませんでした。

このような認識でいれば、同じような被害が出ないとも限りません。

場合によっては児童の命にもかかわる事件ですからその責任の重さも踏まえて名前を公表してほしいところですね。

いじめの内容

ニュース報道で連日語られているのでご存知だとは思いますが、ここで簡単に大阪府吹田市古江台小学校で起きたいじめ事件についておさらいしておきましょう。

いじめの期間は2015年秋ごろから2017年の春までのおよそ1年半。

いじめの内容としては、分っているだけでも

  • 男子児童3人にボールをしつこくぶつけられる
  • 階段の踊り場で押され左足骨折
  • 児童の一人が自宅に侵入、2階まで追いかけトイレに閉じ込める

というもの。実際には数え切れないほど嫌な思いをしてきたことでしょう。

校内アンケートの時、「けられた、なぐられた、おされた」といじめの事を担任の先生に訴えていたにもかかわらず、大したことないだろうと事態を軽視し対処をせず、また学校側にも報告しませんでした。

いじめの被害を受けた女子児童は2017年ごろ目が見えにくくなり「PTSD」と診断されます。

保護者が訴えても市教育委員会は特別何の手も打たず実質無視の状態。

保護者が大阪府警に被害届を出して今回のことが世間に明らかになりました。

加害者はサイコパスなのか

一人の女子児童を、つまり同級生をしつこくいやがらせをして、時には骨折というケガまで負わせ、それが繰り返された結果、目が見えにくくなるというPTSDの症状まで出てくるようになった訳です。

それゆえ一部の人は、加害者側の児童は子供であってもサイコパスではないかと思うかもしれません。

サイコパスという言葉は聞いたことはあると思いますが、Wikipediaを見ると、

精神病質(せいしんびょうしつ、英: psychopathy、サイコパシー)とは、反社会的人格の一種を意味する心理学用語であり、主に異常心理学や生物学的精神医学などの分野で使われている。その精神病質者をサイコパス(英: psychopath)と呼ぶ。

と書かれています。

ちょっとややこしいですね。

また同じページにはこのようにも書かれています。

オックスフォード大学の心理学専門家ケヴィン・ダットンによると、サイコパスの主な特徴は、極端な冷酷さ・無慈悲・エゴイズム・感情の欠如・結果至上主義、である。現状では、チェックリストのみが診断基準であるので医学的にサイコパスと同じ状態であっても反社会性がなければサイコパスとはならない。反社会性などの診断基準を満たす者は幼少期からの素行問題など行動面の異常を示すことが多い。

サイコパスかどうかは複雑なテストをしてみないと何とも言えないようですが、

  • 極端な冷酷さ
  • 無慈悲
  • エゴイズム
  • 感情の欠如
  • 結果至上主義

と言った特徴があるということです。

そして、

反社会性などの診断基準を満たす者は幼少期からの素行問題など行動面の異常を示すことが多い

とありますから、加害者の児童がすなわちサイコパスかどうかは一概には言えませんが、少なくともそのような傾向、要素はあると言えるのではないでしょうか。

まとめ

いじめの事件があった当時の古江台小学校の校長は、赤繁信和校長。そして事件があったクラスの担任の先生の名前は公表されていませんでした。

さらに、加害者の児童たちはサイコパスとなる要因を持っているということが分かりました。

 

自宅にまで無断で入り、2階にまで追いかけてきてなおかつその子をトイレに閉じ込めるとは恐ろしいですね!

階段の踊り場で押したらどうなるかくらい小学生でもわかると思いますが、骨折というケガまで負わされています。

いじめた児童は悪いですが、その事態を知っていながら何も対策を講じなかった関係者も責任が重いですね。

被害を受けた児童が一日も早く回復されることを祈ります。

コチラの記事も読まれています

コメントを残す