JAとうかつ女性係長が1億円横領!実名や使途は公表されたのか?

56b5f72e7a199af1aa47da48cc66940d_s

JAとうかつ中央に勤める女性係長が約1億円を着服していたことが明らかになりました。

コピー用紙をお札に見立てて抜き取った現金の代わりにしていたそうです。

この女性係長の名前、実名は公表されているのでしょうか。さらにこれだけの大金を何に使ったのでしょうか、使途も気になります。

<スポンサーリンク>

JAとうかつ女性係長の名前は?

千葉県松戸市にある「JAとうかつ中央松戸南支店」で53歳の女性係長が金庫に保管してあった現金約9600万円を着服していたことが明らかになりました。

6月12日の内部監査で現金が足りないことが発覚、容疑に対して件の女性係長は着服したことを認めているようです。

この女性係長の名前、実名は公表されているのでしょうか。

現時点では公表されていないと思われます。

現金約9600万円を着服とはかなりの金額ですし、53歳の女性ですから当然責任を問われるでしょう。

なぜ実名を公表していないのでしょうか。

JAとうかつはこの事件について近く近く県警松戸署に被害届を出す予定ということですから、正式に警察の捜査が行われていない現段階では実名を公表することを差し控えたのかもしれません。

着服したお金の使途は?

53歳の女性係長は平成26年4月から出納係となりましたが、去年の7月ごろから現金を抜き取っていたそうです。

それにしても約1億円もの大金、一体何に使ってしまったのでしょうか。

この女性係長が独身なのか結婚しているのか、さらには借金などがあるのかなど背景は全く分かっていません。

ネット上の書き込みを見ると、

  • ちょっと借りるつもりがいつの間にか・・・
  • 生活苦
  • 投資の失敗などによる借金
  • 異性に貢いでいた

など様々な意見がありました。

”生活苦”などでちょっと借りようという軽い気持ちで金庫のお金に手を付けてしまったということはなきにしもあらずですが、それにしては金額が大きすぎませんか。

それに53歳の女性係長という立場を考えると給料もそれなりにあったのではと思います。

そこから推察すれば、投資やギャンブルで失敗し、背負った借金の返済のために禁断の領域に手を突っ込んでしまったなどの理由の方がしっくりくるのではないかと思います。

<本文↓↓↓下に続く>
<スポンサーリンク>

手口が幼稚

ニュース報道でご存知だと思いますが、抜き取った現金の代わりにコピー用紙をお札の大きさに切断しそれを袋に入れてあたかも現金があるかのように見せかけていたというから驚きですw(゚o゚)w オオー!

画像➡現金を入れていた袋

こんなことしたって会計監査で一発で発覚してしまうことは誰の目にも明らか。これで本当に隠蔽できると思ったのでしょうか。

こんな稚拙な手を使うということからしても、この女性係長かなり追い込まれていたのではないかと思います。

とりあえず今の急場をしのげればいい、あとのことはそれから考えようと思っていたのかもしれません。

あるいは背負った借金がとても自力では返せない額なので、いつか発覚して御用になった方がいいとの判断かもしれません。

「それなら自己破産すればいいのでは?」と思うかもしれませんが、それが出来ないのも人間のプライドなのかもしれませんね。

まとめ

それにしてもお粗末な手口ですが、管理体制も同じくお粗末だったのではと思います。

複数の人間によるチェック体制が整っていれば、あるいはこのような事件を防ぐことができたかもしれません。

預金者の信頼を回復するためにも、そこら辺を抜本的に見直していただきたいですね!

 

コチラの方もどえらく横領していました。しかも生徒さんのためのお金ですよ。一体何に使ったのでしょうか。

関連記事:熊本の高校PTA会費を元職員の女が横領!2800万の使途は?

<スポンサーリンク>

コチラの記事も読まれています

コメントを残す