駒井蓮の大学など学歴や彼氏恋愛情報、三味線の腕前は?

駒井蓮さんが5月23日放送の「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」に出演されます。<史上最強!女優軍団>のメンバーの一人として参加されていますね。

この記事では、駒井蓮さんについて、

  • 高校、大学など学歴
  • 彼氏熱愛情報はあるのか?
  • 三味線の腕前は?

という点を中心に書いていきます。それではさっそく見ていきましょう。

駒井蓮のプロフィール

まずは駒井蓮さんのプロフィールから見ていきましょう。

駒井蓮

  • 生年月日:2000年12月2日(21歳)
  • 出身地:青森県
  • 身長:168cm
  • 血液型:O型
  • 所属事務所:ボックスコーポレーション

デビューのきっかけは、中学1年の時、春休みを利用しての家族旅行のさなか、原宿は竹下通りでスカウトされたことが始まり。

駒井蓮の学歴、大学など

駒井蓮さんの学歴を見てみましょう。

  • 小学校:弘前大学教育学部附属小学校
  • 中学校:弘前大学教育学部附属中学校
  • 高校:日出高校(現目黒日本大学高校)
  • 大学:慶應義塾大学文学部英文学科

駒井蓮さんは「弘前大学教育学部附属」小学校、中学校の出身です。学校の名前だけを見ると私立のように見えますが、なんと国立の学校なんです。

前述の通り中学校1年生の時にスカウトされたことをきっかけに芸能活動を開始されます。本格的に上京したのは高校に入学するタイミングのようです。ですから中学生の時は仕事がある時は、青森から東京まで新幹線で通っていたとか。その際も教科書を片手に車内で勉強していたそうです。

中学時代も成績はトップクラス!駒井蓮さんのご両親はお二人とも小学校の先生だそうです。きっと教育にも力を入れていたことでしょう。弘前大学教育学部附属中学校は進学校だそうですが、駒井蓮さんは高校を期に活動の軸を芸能活動にシフトしたようです。

彼女が通っていた高校は日出高校、現在は目黒日本大学高校です。芸能人が多数通っている学校として有名ですね。日出高校、現在の目黒日本大学高校には「スポーツ・芸能コース」なるものがあり、生徒が芸能活動をしながらも勉学に励み進学もサポートするというシステムが充実しています。

そのまま行けば日本大学へ推薦入試を受け進学するチャンスがありますが、駒井蓮さんが選んだのは「慶応義塾大学文学部英文科」でした。駒井蓮さんはなんと小学生の頃から慶応義塾大学への進学を夢見ていたのだとか。やはりご両親が学校の先生なので、「ゆくゆくは慶応義塾大学を目指すのよ!」と励まされてきたのでしょうか。

ですが、高校生の時は大学進学に関してそれほど前向きではなかったようです。大学に進学しなくても芸能活動は行えますし、現に高卒でも成功している芸能人は多くいます。それに加え芸能活動と大学でのカリキュラムを両立させることができるかなど不安なと要素もあったとか。事務所やご両親と話し合い相談した結果慶応義塾大学に進学することを選びます。

大学入試の際、駒井蓮さんは一般入試だったのか、それともAO入試だったのかは定かではありません。ですが駒井蓮さんはAO入試だったのではないかと思っている方も少なくないようです。前述の通り日出高校から日本大学への推薦入試があるこや、大学受験を決めたのが高校3年の夏だったこともあり、そう捉える方がいるのかもしれませんね。

ですが中学、高校共に駒井蓮さんは成績がトップクラスだったので、私としては慶応義塾大学も一般入試だったのではないかと思います。駒井蓮さんのお父さんの教育方針も、付け焼き刃的な勉強では全く役に立たないことを強調するものだったそうですし、日ごろから良く勉強し、芸能活動があっても学校を休まず成績もトップクラスだったそうですから、たとえ受験を決意したのが高校3年の夏という、普通ではまずあり得ない時期であったとしても一般入試で十分合格できる実力を備えていたと思います。

NHK Eテレの「テストの花道」「NHK高校講座」と言った教育番組に出演されていますから、やはり一夜漬けではなくしっかりと身に付くような勉強法を実践していたと思います。

駒井蓮さんのお父さんは、「芸能活動も勉学もキチンと目的と目標を見据えて取り組むように。単に点数を取るためだけの勉強では意味がない」というアドバイスをされていたとか。私も見倣いたいです。

駒井蓮に彼氏はいるのか?熱愛情報

200年生まれで現在21歳の駒井蓮さん。お年頃ですから彼氏がいても不思議ではないですよね。清楚で美しいですから彼氏がいるというような熱愛情報が気になりますよね。ですが全くないんですよ。

駒井蓮さんはご自身の中に目標というか、なぜ芸能活動をしているのかという問いがあると思うんです。お父さんの教えでもありますが、それがぶれないので忙しい芸能活動があっても学校は休まないし成績も超優秀。

なので、それが成し遂げられるまでは恋愛はしないというようなマイルールがあるのかもしれません。大学生でもある駒井蓮さん、現在のカリキュラムについていくのも楽ではないとこぼしていましたが、人気急上昇中の女優業と並行してボリュームのある勉強をしてる訳ですから、そこに恋愛が入り込む余地がないのかもしれません。

”好きな人、気になる人がいたら自分から声をかけに行く”という駒井蓮さん。恋愛解禁となったら(別に禁止ではないでしょうけど)納得のいく、充実した恋をされるのではないかと思います。ご両親に堂々と「彼氏です!」と紹介できるほど素敵な人だと確信します。

三味線の腕前は?

駒井蓮さんは2021年に映画「いとみち」の主人公、相馬いとを演じていますが、いとは三味線が大好きで映画の中でも津軽三味線を巧みに演奏するシーンが出てきます。

映画「いとみち」の概要は以下の通り。

『陽だまりの彼女』の越谷オサム原作による同名小説を基に、舞台と同じ青森県出身の横浜聡子がメガホンを取った人間ドラマ。津軽三味線が特技の内気な少女が、自分を変えるためにメイドカフェで働き、多くの人と触れ合いながら成長する様を描く。『朝が来る』の駒井蓮が主演を務める他、豊川悦司、黒川芽以、宇野祥平ら実力派俳優が脇を固める。(「映画ナタリー」より引用)

予告編はコチラ。


駒井さんは青森県出身なのに、これまで一度も津軽三味線に触れたことがないと語っておられます。映画撮影のため東京で津軽三味線を教えてる師匠に1年間みっちり指導を受けてこられたとのことですが、ピアノやギターと違いフレッドもない、指を使わずバチだけで音色を出さなければならないなど苦労も多かったようです。

その練習風景がコチラ。


映画のラストでベテランおばあちゃんとデュオで演奏するシーンの時は緊張で手汗が止まらなかったそうです。いくらプロの指導を受けているとはいえ、1年でプロ並みに弾けるような成長が求められてる訳ですよね。相当なプレッシャーだったと思いますが見事大役を果たします。勉強も演奏もストイックに取り組む習慣が身に付いているんでしょうね。ちなみに駒井蓮さんは2人のお姉さんと一緒に暮らしているとのこと。三味線を家に持ち込んで練習されたんでしょうね。

CMにも出演

駒井蓮さんはCMにも出演しておられます。初めてのCMは2014年、ポカリスエット「女子マネージャー篇」でした。

コチラは長府製作所のCM


2015年からはパナソニックオーディオ イメージキャラクターを務めている駒井蓮さん。


コチラはエルムのCM


これだけしっかりした方なら、企業の方もぜひCMに出演してもらいたいと考えるでしょうね。

まとめ

駒井蓮の大学は慶応義塾大学

彼氏や熱愛のウワサはない。

三味線は素人だったが1年かけて死ぬほど頑張って練習した。

駒井蓮さんを見ていると、行動にブレがありませんよね。何事もストイックにコツコツやれるのは生まれ持った性格&ご両親の教え賜物だと思います。今後の活動にますます期待しています。

コチラの記事も読まれています


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/bibit/from-a100.com/public_html/wp-content/themes/refinesnow2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/bibit/from-a100.com/public_html/wp-content/themes/refinesnow2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/bibit/from-a100.com/public_html/wp-content/themes/refinesnow2/comments.php on line 35

コメントを残す