缶詰のプルタブが取れた時の開け方ー身近なもので代用できる

缶詰のプルタブが取れた時の開け方ー身近なもので代用できる。

缶詰を開けようとしてプルタブを起こそうと思ったらあっけなく取れてしまって困った経験は誰でもあると思います。

缶切りを使うタイプの缶詰も少ないので、もしかしたら缶切りを持っていないという方もいるでしょう。

缶詰のプルタブが取れてしまった時はどのようにして開ければいいのでしょうか。

缶詰のプルタブ代わりにペンチを使う

もし家にペンチがあれば、プルタブの代わりに使うことができます。

プルタブを支えていた鋲のようなもの、リベットのようなものがフタに残っていると思います。まずは缶詰を手でしっかり固定した後、その部分をペンチでしっかり捕まえて引き上げます。

プルタブが取れてしまった時、フタがちょっとでも開いていればその部分に、先の細いラジオペンチを入れてフタをめくるような要領で開けていくといいでしょう。

ですが、全くフタが開いていない状態では難しいと思います。

スプーンを使って缶詰を開ける

缶詰のフタには「スコア」と呼ばれる溝、薄い切れ目のようなものが付いています。その溝があるお蔭で缶切りを使わずに簡単に開けられるんですね。

スコアの部分の金属の厚さはわずかコンマ数ミリの世界。なので、溝の部分をスプーンでこすりながら徐々に力を入れていくことにより、缶詰のフタを開けることができます。

コチラの動画が分かりやすいです。

けっこう力を入れないといけないようです。軍手などがあるといいですね。缶詰をしっかり押さえながら行わないと中身がバーンと飛び散ってしまうこともあります。白い服を着ている時は気を付けましょう。

缶切りを使う

家に缶切りがあればそれを使って開けることができます。先ほども触れましたが、最近はプルタブで開けるタイプの缶詰が主流ですから缶切りの使い方がそもそも分からないという方もおられるようです。

缶切りの使い方に関してはこんな動画がありました。

ただ、最近の缶詰の中には缶切りがサイズが合わず使えないタイプのものがあるそうです。

マイナスドライバーとハンマーで開ける

マイナスドライバーを鋲に一番近い切れ目のところに当て、ハンマーでたたきます。

何回か叩くと切れ目にマイナスドライバーが刺さるのであとはそこからさらに突っ込んで、テコの原理でフタを開けることができます。

欠点としては、

  • 一人で行うのはちょっと難しい
  • 汁が飛び散るかも
  • 食材にマイナスドライバーが刺さる

ということが挙げられます。

マイナスドライバーを持ってなおかつハンマーで叩くわけです。じゃあ缶詰は誰が押えているんだって話です。

器用な方であれば一人でもできるでしょう。

ハンマーでコツコツ叩くので、開き始める際に中の汁が飛び散る可能性があります。キッチンなど汚れてもいいところで服装にも気を付けて実行しましょう。

さらに、マイナスドライバーの先が缶詰に入ってしまうので、食べ物に異物が接触するのが嫌だなと感じる方もおられることでしょう。

まとめ

缶詰のプルタブが取れてしまった時の開け方としては、

  • ペンチを使う
  • スプーンを使う
  • マイナスドライバーとハンマーで開ける
  • 缶切りを使う

というものがありました。

ですが、動画を見ても分かるとおり缶詰を開けるのにかなりの労力が要ります。それにやり方によってはマイナスドライバーなどでけがをすることも考えられます。

主婦の方が晩ごはんを作るために缶詰を開けようとしたらプルタブが取れてしまって困ったということも多々あると思います。

ただでさえ忙しいのに、缶詰を開けるのにこれほどまでの時間と労力をかけられないと感じるかもしれません。

ですから、場合によってはその缶詰を諦めなければならないこともあるでしょうね!

関連記事:

牛乳を冷蔵庫に入れ忘れた!飲んでも大丈夫?捨てずに再利用する方法

リンゴの皮のベタベタはワックス?農薬は大丈夫か

ウイスキーボンボンを食べて運転すると飲酒運転になるのか?

※最後までご覧いただきありがとうございます!

コチラの記事も読まれています

コメントを残す